国際地域政治研究「中国・台湾」(2006年度前期、北海学園大学)

  • 2006年04月01日

◆ 授業計画
〈テーマ〉 日中歴史問題(日中教科書比較)  
〈形式と内容〉授業は参加者が20人前後までであればゼミ形式でおこないたいが、それ以上の場合は講義形式でおこなう。内容的には、昨今話題になっている日中の歴史問題について、解説する。教材については、日本と中国の歴史教科書を直接比較することも考えている(中国の教科書は中国語なので、授業で適宜翻訳する)。いまのところ、ガイダンス(一回)、歴史認識問題の相違(全五回、主に教科書内容比較)、個別論(教科書問題、戦後補償問題、慰安婦問題、「南京大虐殺」、靖国参拝問題、植民地支配問題、東京裁判など、前七回)を想定している。ゼミ形式になった場合、簡単な論文などを事前に配布して、授業で学生が報告、議論する形式としたい。

◆ 評価方法
 ゼミ形式の場合、出席を含む平常点(就職活動がある場合などは適宜考慮する)、講義の場合は試験(ただし問題は事前に公開する。)

◆ 履修上の留意点
 特になし。

◆ 教科書・参考書
【参考書】船橋洋一ほか『いま歴史問題にどう取り組むか』(岩波書店、2001年)
     天児慧ほか『日中関係をどう構築するか―アジアの共生と協力をめざして』(岩波書店、2004年)
     山口二郎・金子勝・高橋哲哉『グローバリゼーションと戦争責任』(岩波書店、2001年)
     三谷博『東アジアの公論形成』(東京大学出版会、2004年)
     川島真『中国近代外交の形成』(名古屋大学出版会、2004年)

◆ 教員氏名(自署)

◆ 連絡先電話番号
 011-706-3132

◆ 欧文科目名
 Area politics in East Asia (China & Taiwan)

◆ 教科書参考書生協注文有無
 参考書、 各3冊ずつ。

◆ その他

コメントは受け付けていません。