川島真研究室 » 共編著

共編著

  • 2016年02月14日

no.cat.titlepdf
43共編著薛化元・川島真・洪郁如主編『台湾與東亜──跨域青年学者近代史研究論集』(国立政治大学台湾史研究所、2016年、全480頁)
42共編著家近亮子・川島真編著『東アジアの政治社会と国際関係』(放送大学教材1639439ー1611、放送大学教育振興会、2016年、全298頁)
41共編著劉傑・川島真編著、韋平和・徐麗媛訳『対立与共存的歴史認識—日中関係150年』(社会科学文献出版社、2015年、全495頁)
40編著貴志俊彦・川島真・孫安石編著『増補改訂 戦争・ラジオ・記憶』(勉誠出版、2015年、599頁)
39共著奥田聡・石川幸一・平野克己・川島真・藤森浩樹『膨張する中国と世界』(亜細亜大学アジア研究所、アジア研究所叢書29、2015年、227頁)
38編著川島真編著『チャイナ・リスク』(〈シリーズ日本の安全保障5〉、岩波書店、2015年、307頁)
37編著川島真編著『近代中国をめぐる国際政治』(中央公論新社、2014年、274頁)
36共著和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『東アジア近代史通史──19世紀から現在まで』(上下、岩波現代全書043・044、岩波書店、2014年、244・256頁)
35共著国分良成・添谷芳秀・高原明生・川島真『日中関係史』(有斐閣、2013年、全286頁)
34共著陳翠蓮・川島真・星名宏主編『跨域青年学者台湾史研究第五集』(国立政治大学台湾史研究所、2013年、全606頁)
33共編著劉傑・川島真編著『対立と共存の歴史認識──日中関係150年』(東京大学出版会、2013年、全445頁)
32共著徐友漁・鈴木賢・遠藤乾・川島真・石井知章『文化大革命の遺制と闘う──徐友漁と中国のリベラリズム』(社会評論社、2013年、169頁)
31共著尾形勇・川島真・後藤明・桜井由躬雄・福井憲彦・本村凌二・山本秀行・西浜吉晴『高等学校 世界史B』(東京書籍、2013年、全432頁)
30共著가와시마 신・ 모리 가즈코 지음著・이용빈 옮김訳『중국외교 150년사− 글로벌 중국으로의 도정(中国外交150年史−グローバル中国への道程)』(한울아카데미、2012年)[『グローバル中国への道程』の韓国語訳]
29共編著三澤真美恵・川島真・佐藤卓己『電波・電影・電視—現代東アジアの連鎖するメディア』(青弓社、2012年、371頁)
28共編著川島真・松永正義・陳翠蓮編著『跨域青年学者台湾史研究 第四集』(国立政治大学台湾史研究所、2011年、577頁)
27学術協力東京国立博物館・毎日新聞社編『特別展 孫文と梅屋庄吉―100年前の中国と日本』(東京国立博物館・毎日新聞社、2011年)
26共編和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史別巻 アジア研究の来歴と展望』(岩波書店、2011年、352頁)
25共編和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第10巻 和解と協力の未来へ 1990年以降』(岩波書店、2011年、414頁)
24共編和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第9巻 経済発展と民主革命 1975-1990年』(岩波書店、2011年、400頁)
23共編和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第8巻 ベトナム戦争の時代 1960-1975年』(岩波書店、2011年、414頁)
22共編和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第7巻 アジア諸戦争の時代 1945-1960年』(岩波書店、2011年、402頁)
21共編和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第6巻 アジア太平洋戦争と「大東亜共栄圏」 1935-1945年』(岩波書店、2011年、406頁)
20共編和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第5巻 新秩序の模索 1930年代』(岩波書店、2011年、406頁)
19共編著和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第4巻 社会主義とナショナリズム 1920年代』(岩波書店、2011年、381頁)
18共編和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第3巻 世界戦争と改造 1910年代』(岩波書店、2010年、385頁)
17共編和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第2巻 日露戦争と韓国併合 19世紀末-1900年代』(岩波書店、2010年、380頁)
16共編著和田春樹・後藤乾一・木畑洋一・山室信一・趙景達・中野聡・川島真『岩波講座 東アジア近現代史第1巻 東アジア世界の近代 19世紀』(岩波書店、2010年、377頁)
15共編著劉傑・川島真編『1945年的歴史認識―圍繞"終戦"的中日対話嘗試』(社会科学文献出版社、2010年、311頁)
14共著『グローバル中国への道程―外交150年』(毛里和子と共著、岩波書店、2009年、全212頁)(「はじめに」(ⅴ-ⅹ頁)、「第一章―第六章」(1-100頁)、基本書案内(201-206頁)、あとがき(211-212頁)担当)pdf_icon
13共編著岡本隆司・川島真編著『中国近代外交の胎動』(東京大学出版会、2009年、211+21頁)
12共編著劉傑・川島真編著『1945年の歴史認識―をめぐる日中対話の試み―』(東京大学出版会、2009年、300頁)
11共著川島真・清水麗・松田康博・楊永明『日台関係史』 (東京大学出版会、2009年、261+23頁)
10共編著川島真・貴志俊彦編著『資料で読む世界の8月15日』(山川出版社、2008年、全230頁)
9編著『中国の外交―自己認識と課題』(山川出版社、2007年、240頁)pdf_icon
pdf_icon
8共編著服部龍二・川島真編著『東アジア国際政治史』(名古屋大学出版会、2007年5月、398頁)
7共編著青山瑠妙・川島真『中国外交(史)研究への視座』(〈公共政策を読む 第二集〉北海道大学公共政策大学院、2006年、72頁)
6共編著別枝行夫・諏訪一幸・川島真編『日華外交史・日台関係史』(〈公共政策を読む 第一集〉北海道大学公共政策大学院、2006年、55頁)
5共編著貴志俊彦・川島真・孫安石『戦争 ラジオ 記憶』(勉誠出版、2006年、343頁)
4共編著甘懐真・貴志俊彦・川島真編『東亜視域中的国籍、移民與認同』(台湾大学出版中心、2006年、191頁)
3共編著横山宏章・久保亨・川島真編著『周辺から見た20世紀中国-日・韓・台・港・中の対話-』(中国書店、2002年) 【日本図書館協会選定図書】
2共編別枝行夫・貴志俊彦・川島真編『台湾・国史館典蔵行政院賠償委員会档案目録』(平成13~16年度日本学術振興会科学研究費補助金、研究成果中間報告書、2002年6月)
1共著奥田安弘・川島真ほか『共同研究・中国戦後補償-歴史・法・裁判』(明石書店、2000年)