MENU

『聯合早報』に寄稿しました。

川岛真「日美联合声明中的 台湾海峡问题是否具有划时代意义?」(『联合早报』2021年6月9日)

日米首脳会談で話題になった、「台湾海峡の平和と安定」ですが、首脳会談での共同文書としては佐藤栄作ーニクソン以来の台湾海峡への言及と言えるものの、その後の2005年の第三回の日米2+2、また同年の小泉総理ーライス長官会談、あるいは日中の首脳会談などでも用いられてきた用語で、1960年代以来というよりも、むしろ2005年からの延長で考えるべきだという内容です。

目次
閉じる