MENU

周辺から見た20世紀中国

書誌情報

周辺から見た20世紀中国:日・韓・台・港・中の対話
横山宏章・久保 亨・川島 真 編

ISBN:9784924779716
出版社:中国書店
判型:A5
ページ数:343ページ
定価:3800円(本体)
発行年月日:2002年12月

目次

中国現代史の再構築と東アジア的視角(白永瑞)
台湾における中国近現代史研究の発展動向(張力)
「周辺」的存在から「正統」に向かって(李培徳)
「中華周辺の日本」から見た中国近代史の再検討(横山宏章)
朝鮮半島の中国租界撤廃をめぐる中日交渉(川島真)
周辺人の見た中国の周辺(尹輝鐸)
周辺としての中国(唐啓華)
周辺の存在の国民党内派閥闘争に対する影響 (陳紅民)
中国の国際関係(1929—1935年)に関する認識(金世昊)
周辺を経由しての権威への復帰(葉漢明)
周辺的要素の影響下における発展(久保亨)
近代韓国人の東アジア認識(鄭文祥)
「周辺」とは何か(横山宏章)
日本におけるアジア地域史論の省察(久保亨)
アジアから見た「アジア」、「地域」、そして「周辺」(川島真)

目次
閉じる