MENU

中国のフロンティア

書誌情報

岩波新書 新赤版 1652
中国のフロンティア
揺れ動く境界から考える
著:川島真

ISBN:9784004316527
出版社:岩波書店
判型:新書
ページ数:240ページ
定価:820円(本体)
発行年月日:2017年03月

目次

序章 フロンティアから中国を考える
  中国のフロンティア
  胡錦濤政権前半期の対外政策
  胡錦濤政権後半期の変容
  習近平政権の対外政策
  中国と世界秩序
  グローバルな空間と東アジア
  東アジアにおける中国の影響力
  中国の隣接地域で生じていること
  中国の世界進出と「等身大の中国」?
  現場から中国を見る

第Ⅰ部 アフリカの中国人、中国のアフリカ人
第一章 アフリカの「保定村」物語──中国人農業移民
  「保定村」の出現
  劉建軍という存在
  大使館と現地の中国人社会
  ルサカ郊外の中国人経営農園
  「保定村」物語
  複数の中国

第二章 広州のアフリカ人街──中国に進出するアフリカ商人とその苦衷
  「出」と「入」
  チョコレート城
  西アフリカの“チャイナ・ドリーム”?
  「黒鬼子」?
  砿泉派出所事件
  ナイジェリアの中国人
  「人の移動」のフロンティア

第三章 雑誌『非洲』の世界──中国の”公共外交“
  雑誌『非洲』との出会い
  『非洲』の刊行
  アフリカ関連メディアの連続創刊
  二〇〇九年のもつ意味
  北アフリカ高速道路建設
  メイド・イン・チャイナ問題
  対アフリカ援助
  公共外交と公衆

第Ⅱ部 マラウイはなぜ中国を選んだのか
第四章 マラウイと中国の国交正常化
  マラウイの選択
  なぜ中国を選んだのか
  なぜ中国は応じたのか
  中国のマラウイへのアプローチ
  中国経済への期待と警戒
  マラウイ閣僚の訪中
  中国の対マラウイ支援の始動
  中国の支援の本格化?
  中国の経済支援への懸念
  マラウイの選択は正しかったのか

第五章 マラウイと台湾の断交
  アフリカ諸国と台湾
  台湾・アフリカサミットとマラウイ
  断交阻止の試み
  断交後のマラウイ−台湾関係

第Ⅲ部 溢れ出す中国──周辺外交の舞台
第六章 中国・ASEAN南寧博覧会参観記
  中国とASEAN
  博覧会の成り立ち
  博覧会の風景(1)──南寧国際会展センター1F
  博覧会の風景(2)──南寧国際会展センター2F
  博覧会の風景(3)──第二会場・第三会場
  南寧における中国・ASEAN関係への問い

第七章 二一世紀の援蒋ルート──雲南・ミャンマー国境
  中国軍、ビルマ遠征七棚周年記念?
  中緬関係の進展
  中緬関係の悪化?
  翡翠貿易と現地の言説
  ダム建設問題
  パイプライン建設
  雲南の僑郷
  国境地帯の歴史観──「大騰越」?

第八章 東チモールから見る中国──マカオ・フォーラムと葡語スクール
  中国の東チモール進出?
  中国製の官庁街
  資源開発と対外進出
  軍事的な考慮?
  マカオ・フォーラム
  現地社会の中の中国人
  世界の「隙間」に広がる中国

第Ⅳ部 中華圏の内なるフロンティア──金門島から見る
第九章 金門島の経験した近代
  金門島の風景
  僑郷としての金門
  華僑送金で育まれた「近代」
  日中戦争と金門島
  国共内戦期の金門島
  金門の前線化
  「単打双不打」時代
  ネズミの尻尾
  総動員下での「僑郷」

第一〇章 金門アイデンティティを求めて
  台湾の民主化と金門
  金門の「解放」?
  金門アイデンティティ
  小三通と金門の変容
  金門の歴史と辛亥革命一〇〇年
  金門学からの問い

終 章 運動体としての中国をとらまえること
  フロンティアからの観察
  二〇〇八年から一三年という時期
  世界秩序と中国
  中国と周辺諸国との「連結性」
  相手国の国内事情と中国の多様性
  メディアの論調
  台湾という要素、そして金門
  中国という運動体のフロンティア


あとがき

参考ページ
目次
閉じる