MENU

日台関係史1945-2020

書誌情報

日台関係史1945-2020 増補版
著:川島真・清水麗・松田康博・楊永明

ISBN:9784130322300
出版社:東京大学出版会
判型:A5
ページ数:340ページ
定価:2800円(本体)
発行年月日:2020年10月

目次

序章 戦後日華・日台関係を概観する(川島真・松田康博)

第Ⅰ部 日華関係の展開と終焉
第一章 日華・日台二重関係の形成──1945-49年(川島真)
第二章 日華関係正常化の進行──1950-57年(川島真)
第三章 日華関係再構築への模索とその帰結──1958-71年(清水麗)
第四章 日華断交と七二年体制の形成──1972-78年(清水麗)

第Ⅱ部 国際構造変動下の日台関係
第五章 日台関係の安定化と変化への胎動──1979-87年(松田康博)
第六章 台湾の民主化と新たな日台関係の模索──1988-94年(松田康博)
第七章 安全保障の二重の三角関係──1995-99年(楊永明)
第八章 東アジアの構造変動と日台関係の再編──2000-07年(楊永明)
第九章 安定化する中台関係下で展開する日台関係──2008-16年(松田康博)
第十章 「失われた好機」と深化する積み上げ式実務関係(清水麗)

目次
閉じる