MENU

【1/18予定】フォーリン・プレスセンターで話をすることになりました。

実施日 : 2022年01月18日

「自由で開かれたインド太平洋」と対中戦略―2022年日本外交のゆくえ(川島真・東京大学教授 )
投稿日 : 2021年12月23日

近年の中国の台頭と自己主張の強まりが、自由と民主主義を基盤とする国際秩序に対する挑戦であるとの議論が高まる中、去る12月9~10日には、米国の呼びかけで「民主主義サミット」が開催されました。

そうした状況で迎える2022年最初のFPCJオンライン・ブリーフィングでは、中国外交史と東アジア国際関係史がご専門で、昨年7月に、日米4名の専門家の一人として、緊急提言「日米の対中戦略の基本原則」を発表した川島真東京大学大学院教授をお招きします。22年は日中国交正常化50周年であり、2月には北京で冬季五輪も開幕します。

川島教授には、新年の日本外交の最重要テーマの一つである日中関係について、「自由で開かれたインド太平洋」と日米同盟の下での対中戦略、さらに豪印を加えた4カ国によるクアッドの動きなども含めてお話しいただきます。

■Zoomウェビナーを利用した「ライブ配信」です。オンラインでの実施のため、会場でご参加いただくことはできません。

■日時: 2022年1月18日(火)14:00-15:30 (申込締切:1/17 12:00)

■テーマ:「自由で開かれたインド太平洋」と対中戦略―2022年日本外交のゆくえ

■ブリーファー: 川島真・東京大学大学院総合文化研究科 教授

■言語:日本語(英語の逐次通訳付)

通常のブリーフィングと同様に、質疑応答の時間も設けております(原則、「外国メディア」が対象)。

■外国メディアの方へ: 
講師への質問や関心事項があれば、予め cp@fpcjpn.or.jp 宛に 、1/17 12:00までにお送りください。
当日は質問時間も限られていますので、事前に取りまとめて講師にお伝えします。

FPCJ賛助会員および大使館員の方も、オブザーバーとしてご参加いただけます(参加費無料)。

■申込方法:お送りしたメールまたはFAXをご確認ください。

※メールでのお申込は受け付けておりません。

目次
閉じる